「我が青春のメガドライブ」 第2回 ごろりン

我が青春のメガドライブ.PNG

我が青春のメガドライブ
第2回 「ダライアスⅡ」(タイトー) ごろりン

今回紹介するメガドライブソフトはタイトーの横スクロールシューティング『ダライアスII』です。

ごろりンさん11月号1.jpg

…毎回メジャーなタイトルを紹介してる気がしますが、面白いからこそメジャーになるのでご容赦を(笑)。

本作は1989年にアーケードで稼動された同名ゲームの移植で、このメガドライブ版はその翌年の12月に発売。

アーケードゲームの移植としては旬のうちに発売されたことになりますが、本作の翌日には東亜プラン(実際はナグザット)の『武者アレスタ』(開発:コンパイル)が発売されたので、ほぼ同日に横スクロールと縦スクロールのシューティングの名作が揃うという奇跡!

どちらも今でもお気に入りのタイトルです。

ごろりンさん11月号2.jpg

移植ゲームとしては、元のアーケード版が2画面筐体(3画面バージョンもあり)のゲームだけに、画面比率4:3のメガドライブ版では画面の上下の切って擬似的に横長画面にさせ、全体的にキャラクターを小さくすることによってアーケード版に近いプレイ感覚を再現させています。

先行して発売されたNECアベニューのPCエンジンソフト『スーパーダライアス(ダライアスプラス)』ではキャラクターのサイズをそのままに一画面に収めた作りだったので、メガドライブ版IIとは対照的な作りといえます。

キャラの小ささでPCエンジン版よりも見劣るため、『ヒッポンスーパー』(宝島社)の成沢大輔氏のレビューでは滅茶苦茶叩かれてましたが、そこまで言う必要がないのに!と思ったのはここだけの話(汗)。

キャラの縮小化による見た目の迫力こそは半減したものの、背景グラフィックはなかなかの再現度で、売りだったラスタースクロールや多重スクロールはきちんと再現…

いや、メガドライブの性能だったらできて当たり前
の処理かも知れませんが(笑)、当時はラスタースクロールの奥行き感に衝撃を受けたものです。

ごろりンさん11月号3.jpg

また、一部ボスキャラがアレンジして登場するものの、「これを再現する為にメガドライブサードパーティ初の8メガカートリッジを採用した」と言われるヤマトの見せ場は本作の売りでした。今見直すと正直そこまでの容量がいるの?と疑問ですが、元がステージ数の多いゲームだけに大容量カートリッジが必要だったのは違いないでしょうね。

80年代後半のタイトーを語ると必ず出てくるのが「サウンドチームZUNTATA」の存在で、本作も音楽が売りでしたが、音源がアーケードより劣るメガドライブ版でもなかなかの再現度だと思います。

メガドライブへのコンバートを担当したのは同じメガドライブなら『ルナ』『ラングリッサー』などの作曲で知られる岩垂氏。メガドライブで聴ける楽曲としてはかなりの完成度。それ故に標準でサウンドテストが搭載されていないのだけは惜しかったです(ネームエントリーで「ZTT」と入力するとサウンドテストになる裏技が存在)

バランス面も秀逸で、ダライアスシリーズは基本的に一度ミスったら復活が難しいゲームという認識がありますが、このメガドライブ版では青い2Pカラー機体(ティアット)を選ぶと初期装備が一段階ずつパワーアップしているので復活がしやすくなっています。

それでも最終面は厳しいですが、裏を返せばそこそこの腕前でも最終面までは楽しませてくれると思えば良心的な要素です。なにせ当時のセガハードは修行僧のようなゲームばかりなので、こういった救済策は本当に有難いという(汗)。

総合的には満足度の高いゲームだったものの、当時は作りすぎて比較的早い段階で投売り状態、それどころか今でも中古ならば半額以下で買えるところが多いようです。

現在のメガドライブシューティング市場は高騰しまくって、手を出しづらい状況でもありますが、その点このメガドライブ版はシューティング好きならば勧め易い気がします。

ごろりンさん11月号4.jpg

ちなみに私がこれを購入したのが発売から一年半経ったタイミングで、当時はまだ中学生でしたが、中古ならば1,000円もしない価格だったのでお金のない中学生の自分にとってはとても重宝した記憶があります。

シューティングはあまり得意ではなかったものの、初心者向け機体のおかげで挫折しない程度に継続プレイできたのと、ステージ分岐の多さで長く遊べたことからも思い出深い作品です。

なお本作の2年後に海外のみで発売されたマスターシステム版はこのメガドライブ版をベースにした移植ですが、たった2メガなのにも関わらずかなりの再現度で驚くこと必至です。

機会があればぜひプレイを!


読んで頂きありがとうございました!
また次回もメガドラについてつづってみたいと思います!

ごろりン

メディアマックス新バナー.jpg

この記事へのコメント